【プレミア12】侍J稲葉監督、ブレーキの坂本を擁護「目一杯やってくれた結果。私の責任」

©株式会社Creative2

侍ジャパンの巨人・坂本勇人【写真:荒川祐史】

米国に痛恨敗戦で今大会初黒星「打線の組み方。そこをこれからもう少し考えていく必要がある」

■アメリカ 4-3 日本(プレミア12・12日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」スーパーラウンド第2戦(テレビ朝日系列で放送)のアメリカ戦に臨み、3-4で競り負けた。稲葉篤紀監督は試合後、ブレーキとなった坂本について「目一杯やってくれた」とかばった。

 日本は浅村の3本の適時打で3度も1点差に迫ったものの、最後まで追いつくことができず。不振の坂本が好機でことごとく凡退し、痛恨の今大会初黒星となった。

 試合後には「打線も粘り強くやってくれたと思います。選手は全力を尽くした結果。結果は私の責任。選手は全力でやってくれた」と振り返った稲葉監督。ブレーキとなった坂本についても「勇人も目一杯やってくれたと思います。結果は私の責任でありますので、勇人は目一杯やってくれた結果ですので、また明日も試合がありますので、話して切り替えてやってもらいます」とかばった。

 17日の決勝進出へ、残る13日のメキシコ戦、16日の韓国戦と勝利が必須。まずは全勝のメキシコに挑む。稲葉監督は「負けた責任、全責任は私にあります」と繰り返し「打線の組み方。そこをこれからもう少し考えていく必要があるのかなと思っています」と打線の組み換えも示唆していた。(Full-Count編集部)