LEDで泡や魚のうろこ表現 徳島市が富田橋の電飾案公表

©一般社団法人徳島新聞社

LEDアート作品を設置した富田橋の完成予想図

 徳島市中心部の橋をLEDアート作品で彩る事業を進める市は12日、新町川に架かる富田橋(長さ54メートル、幅12メートル)のデザインを発表した。

 タイトルは「歴史の海を漂う光」。電気工事業の四国管制工業(徳島市)がデザインした。橋の側面に無数の穴を開け、泡や魚のうろこを表現したパネルを設ける。LEDを照らすと、見る角度によって異なる色の重なりが楽しめる。季節ごとに光の強さを変え、四季も表現する。

 総事業費は未定。来年度中に設置する。

 市は昨年6~9月にデザイン案を公募し、県内外の個人・団体から6件の応募があった。学識経験者ら7人がデザインの独自性や周囲の景観との調和などを審査した。

 LED作品は新町川に架かる両国橋、ふれあい橋、新町橋、春日橋に設け、日没から午前0時まで点灯している。