売上高が最高 川田テクノロジーズ

©株式会社北日本新聞社

 川田テクノロジーズが12日発表した2019年9月中間連結決算は橋の工事が順調に推移し、売上高は中間としては2年連続で過去最高を更新した。

 土木工事などで契約よりも原価が先行する形になったことから、経常利益や純利益は2年ぶりの減益となった。

 事業別売上高は鉄構が前年同期比17.4%増の319億7700万円、土木が1.3%減の153億3200万円、建築が23.5%増の98億9300万円となった。