「DVD=1」 あいみょん『AIMYON BUDOKAN−1995−』 初の武道館ワンマンを完全収録。特典映像も見応え満点

©株式会社全国新聞ネット

あいみょん『AIMYON BUDOKAN−1995−』

 ぐるり360°囲まれた武道館のステージに、裸一貫、包丁一本、という風情でギターを手にふらりと現れたあいみょん。『マリーゴールド』を歌い出す第一声でもう、広大な会場が一瞬で彼女のものになった。ああ、大人たちは後の世に語り継がれる伝説を作りたいんだな、なんてうがった見方もしてしまったけど、この一切を削ぎ落としたシンプルな構成がやっぱり彼女にしっくりくる。

 2018年はNHK紅白歌合戦初出場でも大きな話題となったシンガーソングライター・あいみょん。2019年2月に開催された、自身初となる日本武道館弾き語りワンマンライヴの模様を収録したのが本作だ。1万4000人の観客が詰めかけ、披露された18曲がDISC1に完全収録されている。そしてDISC2は、“あいみょん”の名付け親として知られる中学時代からの友人「◯◯ちゃん」と収録したラジオや、舞台裏を追ったオフショット映像を特典として収録。そのいずれにも彼女らしい、脱力と鋭さの共存が垣間見れる。

 本編の素晴らしさは言わずもがなだが、オフショット映像のなかで、ステージに向かう彼女が歩きながら不意に歌い出した、その瞬間が忘れられない。唯一無二の歌声が、非常階段に響く。いっしょに歩いているスタッフみたいなぜいたくな気持ちになれるので、ぜひお見逃しなく。

(ワーナーミュージック・4500円+税)=玉木美企子