運転マナー順守呼び掛け

登別・人と旗の波街頭啓発運動

©株式会社室蘭民報社

旗を手に安全運転を呼び掛ける参加者たち

 登別市、登別市交通安全協会主催、室蘭警察署共催の人と旗の波街頭啓発運動が11日、登別東町の市婦人センター前で行われ、参加者がドライバーに運転マナー順守を呼び掛けた。

 2019年度は全5回(うち1回は雨天中止)計画しており、同日実施の登別温泉・登別地区が最終日。市連合町内会などから約70人が参加した。

 伊藤嘉規副市長が「本格的な冬が到来した。路面の凍結、吹雪や雪による見通しの悪さで、冬型の事故が増える。運転手に安全運転を呼び掛けよう」とあいさつ。同センター前を通る国道36号沿いで、蛍光色のジャンパーやたすきを身に着けた参加者が、旗を手に持ち交通安全をドライバーに訴えていた。
(石川昌希)