IR誘致反対署名活動開始

室蘭の市民団体

©株式会社室蘭民報社

IR誘致反対の署名用紙を手にする増岡代表

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を巡り、室蘭市の市民団体「北海道にカジノ・とばく場を誘致しないよう求める室蘭市民の会」(増岡敏三代表)は12日、道内へのIR誘致に対する反対署名を開始した。団体への訪問や街頭啓発を通して署名を集め、道に提出する方針だ。

 増岡代表は「北海道はカジノによる経済活性化よりも自然を生かした観光振興や地場産業の育成を推進するべきだ」と持論を展開。カジノについては「他人の不幸の上に成り立つ商売。ギャンブル依存症の増加や青少年の健全育成への影響も懸念される」と危険性を強調し、犠牲者ありきの経済発展の施策を食い止める必要があると、今回の署名開始の経緯を説明した。

 同会では、道議会などの動きを見ながら署名活動を行い、地域からの反対意思を道に伝える考えだ。
(北川誠)