ムラサキイモ 連なって17個

©株式会社長崎新聞社

17個が連なった約17キロのムラサキイモ=西海市西海町

 長崎県西海市西海町の永村要治さん(71)と妻の幹愛さん(67)の畑で、17個のイモが連なった約17キロの巨大なムラサキイモが採れた。
 永村さん夫婦は2年前からは遊び心で、「ジャンボ芋」作りに挑戦している。
 1年目は6キロ、2年目は12キロ。今年はクリの木を切り倒し、これまで芋を植えたことがない場所で挑戦した。畝を工夫して1本だけ苗を植え、ツルを伸びるがままにしたという。
 収穫は5日。20分ほどで掘り出せたという。幹愛さんは「予想どおり大きくなった。来年は20キロ以上に挑戦したい」。ムラサキイモは近所の人にも分けた。