[パナソニック、12G-SDI対応ライブスイッチャーAV-HS8300用のIP入力/IP出力ボードと、12G-SDI対応ペリフェラルAV-PF8000用のIP/SDI変換ユニットの商品化着手を発表

©株式会社プロニュース

AV-HS8300

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 メディアエンターテインメント事業部は、12G-SDI対応ライブスイッチャー「AV-HS8300シリーズ」のIP入力/IP出力ボードと、12G-SDI対応ペリフェラル 「AV-PF8000シリーズ」用のIP/SDI変換ユニットの商品化に着手したことを発表した。2021年春に発売予定。

その運用性と保守性に定評のある12G-SDIシステムに、新たにSMPTE ST 2110規格およびSMPTE ST 2059規格に準拠したIP技術を投入することで、HD/4K/8Kなどのフォーマット混在運用や伝送距離に制約されないリモートプロダクションが可能となり、システムの拡張性および利便性を大幅に向上させるとしている。また、運用管理プロトコルNMOS(Networked Media Open Specifications)への対応により、ネットワーク上の複数デバイスの自動検出や一括管理・制御が可能となり、SDIシステム同等の運用性に加え、IPならではの柔軟性を提供するという。