【インタビュー】Nulbarich JQに訊く! この冬、大切な人に伝えたい想いとは?

©株式会社J-WAVE

Nulbarich JQ

人恋しさが募る冬。1年を振り返りながら家族、友人、恋人など大切な人を考えることが増えるこの季節。J-WAVEでは、大切な人に想いを伝えるキャンペーン「Sincerely yours」を12月25日まで実施する。

sicerely yours

そのキャンペーンソングとして、NulbarichがJ-WAVEとJ-WAVEリスナーのために書き下ろした楽曲『Twilight』が起用された。JQ(Vo.)は、J-WAVEの番組『SONAR MUSIC』のコーナー「SONAR'S ROOM」の月曜レギュラーとして、自身が影響を受けた音楽やカルチャーを紹介している。

今回「J-WAVE NEWS」では、『Twilight』を手掛けたNulbarichのJQにインタビューを実施。どのような想いで同曲を書き上げたのか? また、この冬、JQが大切な人に伝えたい想いとは。

■自分自身を深く知るいい機会

――「SONAR'S ROOM」が始まってから、半年が経ちました。自身の原点となる音楽を語りつくしていますが、半年たってみての感想はいかがですか?

JQ:あっという間でしたね。今まで流した楽曲をまとめたファイルがあるんですけど、ほとんどがヒップホップなんですよ。僕はヒップホップのおかげで色んなジャンルに手を伸ばすことができたので、ヒップホップに対しての愛を改めて感じましたね。

――ファンの方からの反響はいかがですか?

JQ:基本的にエゴサってあまりしないんです。ビビりなんで(笑)。直接送られてくる反応は見るようにしています。それこそ友だちから「選曲よかったよ」といった反応をもらったり、謎の斜め上から感想を言われたり(笑)ってこともありますが、真摯に受け止めています。僕はもともとDJだったので、クラブで曲を流して、そこにいる人たちを楽しませるという行為にすごく似ているなと。

「SONAR'S ROOM」は、3~4曲でリスナーを説得させなくちゃいけない、かなりハードルの高いコーナーだと思います。スタジオに到着してもどの曲をかけるのか最後まで悩んでいて。収録時間ぎりぎりまで悩んじゃうというか。オンエアを楽しみにしている人たちをガッカリさせたくないって思うと、怖くて選曲できなくなっちゃう自分がいて……でも、実際にやってみて、自分自身を深く知ることができるいい機会になったなと思っています。

――J-WAVE NEWSで紹介すると、楽しみにしているファンの方から反応が返ってきます。こだわりぬいたJQさんの選曲は、しっかりとファンに伝わっていると思います。

JQ:果たして需要があるのかってすごく心配で(笑)。僕って、音楽に関して言えば「オタク」じゃないですか。ハマっていることって、自分のスポットに入ったときに話すスピードが上がりますよね。急にそこだけ一人で走り出す感じが出ていないか不安で……。

――出しちゃってもいいのでは?

JQ:(笑)。バランスを取りつつやりたいですね。好きなことをやらせてもらえて、好意的な反応をいただけることは素直にうれしいです。

Nulbarich JQ

■第一章の締めくくりとしての1枚

――11月6日にミニアルバム『2ND GALAXY』が発売されました。JQさんが本作でこだわりぬいた点、これまでの作品との違いなどを教えてください。

JQ:自分たちが見ている空の上のギャラクシーと同じように「無限のものって何だろう」って考えたとき、人が物事を創造する世界が浮かんできて。創造し続ければ、それは無限に続くものだと思うので、人間の創造の世界を「2ND GALAXY(2個目の宇宙)」とたとえて、タイトルにしました。

このバンドを組んだ時も、飲みの席で「いつかバンドやろうぜ」っていうぐらいのテンションで、「まずは1曲作ってみよう」というのが始まりだったんです。出来上がった曲をラジオの方に直接渡して、ほとんど何もない状態から曲をかけてもらって、すべてが始まりました。レギュレーションやアーティスト写真といったものも間に合っていない状態からのスタートだったので、「いつかこれができたらいいね」というものを妄想し続けるなかで、音楽好きの人たちに叶えてもらっている部分がかなり大きくて。それこそ自分の「理想的なミュージシャンとしての在り方」って、余計な情報がない状態で、純粋に音楽を聴いてもらって広まるっていくことだと思っていて。今の僕たちは、例えば「武道館でやってみたい」といった理想を抱えてがむしゃらに続ければ、いずれ叶うということを体現していっている最中なんです。それを体現し、先に進み続けるためには、常にもっと大きな野望を抱いていないといけない。今回は、さいたまスーパーアリーナ公演に向けて、毎晩のように妄想のなかで色んな曲を作り上げて、それを具現化していく旅だったと思っています。

『2ND GALAXY』のジャケット写真は「宇宙」をテーマにしていて、少年が一枚のポスターに宇宙へのあこがれを念じる日々を描いています。いつしかそれが現実的な空間にも影響を与えて、地球儀だったり辞書だったり、靴とか枕が動き始めるっていうのがジャケットで表現されていて。今の僕たちに近いものを一枚の絵で表現したらそうなりました。無邪気に作ったというか、ミュージシャンとして掲げた理想を体現していくことをずっとやり続けて、ちょっとずつそれを叶えさせてもらっている第一章の締めくくりとして、『2ND GALAXY』は満足いく作品になっているのかなと思っています。

■「僕たちは、ここにいるよ」

――J-WAVE冬のキャンペーン「Sincerely Yours」のキャンペーンソング『Twilight』は、どのようなことを考えながら書き上げていったのでしょうか?

JQ:J-WAVEは"音楽を大切にしたラジオ局"というイメージがあるんですけど、今回、曲を作るにあたっても「冬っぽい感じで」くらいしか言われなくて。普通のタイアップとはちょっと違う、アーティストマインドを邪魔しない自由度の高さもJ-WAVEらしいのかなと思いました。オファーをもらったときはLAにいて、「海外にいながら日本のラジオ局に対して曲を作ることもなかなかないな」と、日本のシティポップや80年らへんのシティポップなどを聴き返しました。Nulbarichの音楽について「シティポップの流れを汲んだ」と評されることはあるけれど、今までストレートに影響された曲を作ったことはなくて、LAに行って素直になれた感じですね。歌詞の世界観も、普段は使わない言葉が出てきたりして。自分たちにとっても発見がある、好きな曲に仕上がりました。夜、雨上がりにドライブをするイメージの楽曲です。

Nulbarich JQ

――キャンペーンでは「Sincerely Yours」をキーワードに、大切な人に思いを伝えることを提唱しています。JQさんがこの冬、誰かに想いを伝えるとしたら、誰にどんなことを伝えたいですか?

JQ:「Sincerely」って最愛なる人ってイメージがあって。僕たちは音楽を通じて、聴いてくれている人たちに自己主張を常にしているようなものだと思っていて……だから、自分たちの音楽を聴いてくれている人に向けるなら、「元気です! 僕らここにいます!」かな(笑)。ライブでも結構言うんですけど、なかなか一人のアーティストだけ聴いて暮らしている人って少ないと思うんですよ。僕たちは、居続けることでまたみんなと会える。曲も出し続けることでみんなに触れてもらえるので、やり続けることの美しさはかなり感じていて。聴いてくれている人、ライブに来てくれている人に対しては「自分のペースでまた触れに来てくれればいい」と思っています。理想は24時間ずっと僕たちの曲に触れてもらうことだけど、また戻ってきてもらうために、また聴きたいって思ってもらうために「僕たちはここにいます」って伝えたい。割と普段からやっていることかもしれないですけど……僕はここにいるよ! 

――最後に、インタビューを読んだファンの方に向けてメッセージを。

JQ:僕たちは、ファンの皆さんとリンクできる時間があればあるほどうれしいので、できるだけ長い時間Nulbarichに触れてもらえれば。僕たちは楽曲の中にいろんな仕掛けを用意しているので、自由に遊んでください。さっきの「僕ここにいるよ」ってメッセージより、「いつでも待っています」がいいのかな。

(取材・文=北瀬由佳梨、写真=加藤アキヤ)

■キャンペーン概要
タイトル:Sincerely yours
実施期間:2019年11月1日~12月25日
キャンペーンソング:Nulbarich「Twilight」
キャンペーンサイト:https://www.j-wave.co.jp/special/sincerelyyours/

■ Nulbarich プロフィール
シンガー・ソングライターのJQ(Vo.) がトータルプロデュースするNulbarich。2016年10月、1st ALBUM「Guess Who?」リリース。その後わずか2年で武道館ライブを達成。即ソールドアウト。日本はもとより中国、韓国、台湾など国内外のフェスは既に50ステージを超えた。生演奏、またそれらをサンプリングし組み上げるという、ビートメーカー出身のJQらしいスタイルから生まれるグルーヴィーな音は、バイリンガルなボーカルと溶け合い、エモーショナルでポップなオリジナルサウンドへと昇華する。「Null(何もない)」けど「Rich(満たされている)」。バンド名にも、そんなアンビバレントなスタイルへのJQの想いが込められている。
オフィシャルサイト: http://nulbarich.com/

■ Nulbarich リリース情報
ミニ・アルバム『2ND GALAXY』
2019.11.06 Release
CD ONLY ※初回プレス分のみ3面紙ジャケットの特殊仕様 在庫が無くなり次第、通常盤へと移行
VICL-65261 ¥2,000+税
収録内容
01. Intro
02. Twilight
03. Look Up
04. Kiss Me
05. Get Ready
06. Rock Me Now
07. Lost Game
08. Outro(The Message Part.1)

■ライブ情報
Nulbarich ONE MAN LIVE -A STORY- at SAITAMA SUPER ARENA
2019年12月1日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
http://nulbarich.com/feature/astory

■番組概要
放送局: J-WAVE(81.3FM)
番組名: SONAR MUSIC
放送日時: 毎週月~木曜 21:00~24:00
ナビゲーター: あっこゴリラ
番組HP: https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
番組Twitter:@SONARMUSIC813