鈴木京香と相性抜群!? 木村拓哉「熟女好き」説の裏に妻・工藤静香の“内助の功”

©株式会社サイゾー

 高視聴率の裏に“あの人”の存在が⁉

 11月10日に放送された木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』第4話の平均視聴率が13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)となり、番組最高視聴率を更新した。

『グランメゾン東京』はパリに自分の店を持ち、二つ星を獲得しながら、慢心によって店も仲間も失ってしまった尾花夏樹(木村)が主人公。尾花が女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、シェフとして再生していく姿を描いている。

「キムタクドラマでは珍しい年上のヒロインが奏功しています。作中ではお互いが『おじさん』『おばさん』と言い合っていますが、いつもカッコいい役を演じてきたキムタクをおじさん呼ばわりしていることで、視聴者も等身大の役として入り込めている。2人は、2007年のドラマ『華麗なる一族』(TBS系)以来12年ぶりの共演ですが、鈴木は『相変わらずいろいろなシーンにアイデアを盛り込んでくださって、すごく助けられています』とキムタクに全幅の信頼を寄せています」(スポーツ紙記者)

 最近のキムタクドラマのヒロインは、竹内結子、石田ゆり子など熟女女優が目立つ。一部では「木村は熟女好き」との声も飛び交っているが、その裏事情をテレビ関係者が明かす。

「『華麗なる一族』では、鈴木は木村の敵側の役でした。そのため、どんな表情や言い回しをすれば主人公を怒らせることができるのか毎回考えて演技していたことで、撮影後、木村が『本当に殴りかかりそうになる……』と漏らしていたほど険悪な関係だった。その話がドラマ関係者に伝わり、2人は周囲の忖度で共演NGとなっていたほど。しかし、今回共演となったのは、木村の妻である工藤静香の意向があったようです。

 工藤は、木村のドラマヒロインは40歳以上の女優のほうがいいと考えているのか、連ドラのヒロインを『熟女縛り』にするよう助言しているとの話を聞きます。工藤は自身のインスタグラムに手料理の写真をアップするたびに『汚料理』『魔女の料理』とバッシングを浴びていました。しかし、今作で木村が天才シェフを演じているとあって、そのイメージを崩さないよう、最近は手料理の公開を控えています」

 SMAP解散後はイメージダウンで不人気となった木村だが、妻の内助の功で再び視聴率男に返り咲いたようだ。