住友電工、5Gを活用して工場の安全性を高める実証実験、2020年3月から

©株式会社BCN

住友電気工業(大阪市中央区、井上治社長)とソフトバンク(宮内謙CEO)は、工場での5G活用に向けた実証実験を実施する。開始は2020年3月を目指す。

キャプション実証実験のイメージ

工場などの製造現場では、IoTやAIを活用し、設備の稼働状況や人などの行動をリアルタイムに把握して、設備の稼働率向上や工場内の安全性向上への機運が高まっている。このためには、設備や人、フォークリフトなどの膨大なデータを収集して分析する必要があるが、近年は特に、カメラを設置してその映像データを活用するケースが増加している。

今回の実証実験では、住友電工の工場内に設置したカメラで撮影した映像データやセンサーで取得したデータを大容量、低遅延の通信が可能な5Gでサーバーに送信する。収集したデータはAIを使って分析し、設備の稼働や人の行動などの変化や異常を自動で検知する検証を行う。こうした検証を経て、5Gを活用した工場の生産性や安全性を向上させるソリューションを構築する。