大嘗祭、14日夜から皇居で

皇位継承の重要祭祀

©一般社団法人共同通信社

皇居・東御苑で行われた「大嘗祭前一日大嘗宮鎮祭」=13日午後(代表撮影)

 皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」の中心儀式「大嘗宮の儀」が14日夜から15日未明にかけ、皇居・東御苑に特設された大嘗宮で、「皇室の公的行事」として催される。

 大嘗宮の儀は、14日夜の「悠紀殿供饌の儀」と15日未明の「主基殿供饌の儀」がある。いずれも秘儀とされ、核心部分は非公開となる。

 宮内庁などによると、天皇陛下は祭服を着て、悠紀殿と主基殿と呼ばれる社殿に入り、新穀などを供え、御告文を読み、自らも食べて五穀豊穣や国の安寧を祈られる。装束姿の皇后さまも別の社殿で拝礼する。

 宮内庁は、安倍晋三首相ら三権の長や閣僚、全国の知事、各界代表ら675人を招待。