ホークス工藤監督が2年連続4度目の正力賞 球団会長の王貞治氏に並び最多タイ

©株式会社Creative2

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

工藤監督は西武の投手として1度、ホークス監督として3度目の受賞

 日本野球機構(NPB)は13日、今シーズンのプロ野球で最も功績のあった監督や選手に贈られる「正力松太郎賞」に工藤公康監督(福岡ソフトバンク)が決まったと発表した。2年連続4度目の受賞。選考委員会が同日に東京都内で開かれた。

 工藤監督は西武の投手だった1987年、ソフトバンク監督就任1年目の2015年、そして昨年に続いての4度目の受賞。球団会長の王貞治氏(1977、1999、2003、2006年)に並んで最多タイの受賞となった。(Full-Count編集部)