サザエさんが初MC&池上彰がアニメに!! 2人が昭和・平成・令和を解説!

©株式会社東京ニュース通信社

11月22日放送のフジテレビ系「池上彰×サザエさんスペシャル お茶の間ニッポン史50の解説でございま~す!」(午後7:00)は、昭和、平成、令和と日本の世相を映してきたサザエさんが描いてきた出来事を、池上彰とサザエさんが徹底解説する。池上はサザエさんと初共演で、サザエさんがテレビ番組のMCを務めるのも初めてとなる。

同番組は、アニメ「サザエさん」(日曜午後6:30)が放送50周年を迎えることを記念したスペシャル企画。スタジオには11月24日放送のスペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」(午後8:00)でサザエさんを演じる天海祐希、タラオ役の成田凌、花沢花子役の森矢カンナ、三河屋の三郎役・勝俣州和が集結し、磯野家や近所の商店街が忠実に再現されたセットで、アニメのサザエさんと20年後のサザエさんファミリーが初対面する。そして、池上がアニメ放送初期からの懐かしい貴重な映像を紹介しながら、そこに描かれていた大阪万博や東京オリンピック、海外旅行や埋蔵金、ミニスカート姿のサザエさんなど、当時の事件やイベント、流行、ファッションについて50の“目からウロコ”の解説を行う。

さらに、サザエさんがスタジオに登場するだけでなく、池上もアニメ「サザエさん」の中へ。アニメキャラになった池上は磯野家やカツオのクラスメートたちとも対面し、解説も披露。アニメを見たスタジオのサザエさんは、「あのカツオにも分かりやすく教えてくれるなんて、池上さんはさすがです!」と絶賛。学生時代の池上のリアルエピソードも描かれ、池上が“女子会”に参加したり、波平たちとお酒を飲みながら社会問題を語ったりと、一夜だけのスペシャルアニメ「サザエさん」となる。

サザエさんとの“初共演”に池上は、「私もテレビに出始めて47年になりますが、まさかこうしてご一緒する日が来るとは思いもしませんでした」と感慨深げ。そして、本人役でのアニメ出演には「格好が良すぎて恥ずかしかったです」と照れつつ、「キャラクターの口の動きにぴったりと合わせなければいけないのが難しいですよね。声優さんはやはりすごいなぁと思いました。私は“リップシンクが半分ずれています”と言われて、“そうか~っ”て」と苦労したようだ。