サンド“兄さん”が後輩・高橋英樹の“ニセモノ”役で旅情ミステリー登場!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で2020年1月放送の「西村京太郎トラベルミステリー71」(放送日時未定)に、サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)がメインゲストとして登場することが分かった。

同作はミステリー界の重鎮・西村京太郎が生み出した人気キャラクター・十津川警部と亀井刑事が、時刻表や鉄道にまつわるトリックを解明し、事件の背後に潜む人間ドラマを浮かび上がらせていくミステリードラマ。サンドウィッチマンの2人は“⼗津川&⻲井のニセモノ”という衝撃の役柄を演じる。

最新第71作は、警視庁捜査一課に「十津川警部に殺される」という電話が入るところから始まる。電話をかけてきたのはモデルをしている女性・田所美雪(中上サツキ)で、十津川警部(高橋英樹)と亀井刑事(高田純次)を名乗る怪しい2人組に追われていると訴える。詳しい話を聞くため美雪に会いに行くと、彼女は刺殺体となって発見される。彼女が十津川の名刺を握りしめたまま死んでいたことから疑惑の目を向けられる十津川。そんな中、十津川の名をかたっていた達川幹生(伊達みきお)、亀井になりすましていた富山岳史(富澤たけし)という2人組が捜査線上に浮上する。彼らはなぜ捜査一課刑事だとウソをついたのか? そして、さらなる殺人事件が発生する。

十津川警部役の高橋英樹は、今年2月にサンドウィッチマンと同じ芸能事務所に移籍したばかりで、事務所の先輩であるサンドウィッチマンは、いうなれば“兄さん”。バラエティーでは何度も顔を合わせているが、ドラマ共演は今回が初めてとなる。今回のドラマオファーについて、富澤は「ちょっと何言ってるか分かんないなと思いました(笑)」と得意のフレーズで表現。「ニセモノ役とだけ聞かされたので、意味が分からなくて。でも、役柄の設定を僕らに寄せてくれた脚本だったので、それがまた驚きと感激で。ちゃんとやらなくちゃと思いました」と心境を明かした。

一方の伊達は「『トラベルミステリー』シリーズは大好きでよく見ていたので、まさか出演させていただけるなんて…しかも十津川さんのニセモノを演じるなんてと、ちょっとパニックになりました。演じていても、まるで自分がテレビの中に入ったみたいな感じで、夢のような時間でした。もうこれは永久保存版です」と喜びの表情を見せた。

そんなサンドウィッチマン“兄さん”をメインゲストとして迎える立場となった高橋は、「ついに“兄さん方”が出るんだ、やりやがったな!と思いましたね(笑)」と、おどけるも、「ニセモノが現れて、十津川と亀井が右往左往するという今回のストーリーは非常に面白い! (2人の演技も)うまい!のひと言ですよ、本当にビックリしました」と演技力に太鼓判を押した。また、亀井刑事役の高田純次も「お二人は雰囲気があるから、僕の方こそもう少し雰囲気を出さないといけないなと思いました(笑)。今後、お二人にはたくさん役者のオファーが来るんじゃないかな」と絶賛した。

ニセモノの2人が、本物の十津川と亀井と対峙(たいじ)するシーンの撮影では、「本物の十津川警部の前で、『オレが十津川だ!』って威張るシーンもあったのですが、その時の英樹さんの圧倒的な威圧感にビックリしました。そこまで割とすんなり撮影が進んでいたのに、僕、ビビッてかんじゃいましたもん(笑)」と強面の伊達も思わず怯んでしまったことを告白。これに高橋は、「(ドラマでは)これまでさまざまな取り調べを行ってきましたが、ニセモノに対して強く出たり優しく出たりして、彼らの心をほぐしていくのは面白くて非常にやりがいがありました」とニヤリ。サンドウィッチマンとの異色の演技対決を楽しんだことを明かした。