テイラー・スウィフトの体に触った?ネットユーザーから猛批判、人気司会者が謝罪―中国

©株式会社 Record China

2019年11月12日、米女性歌手テイラー・スウィフトのファンイベントで、体に直接手を触れたとしてネット上で批判の的になった男性司会者が謝罪のコメントを発表した。

広東省広州市で11日夜に行われたテイラー・スウィフトのファンイベントでは、人気VJのアンディ・チェン(陳正飛)が司会を務めたが、そのステージ上での動きがネットユーザーに注目されたもの。ネット上に登場した動画や写真を見ると、テイラー・スウィフトの腰や肩に手を触れているように見えることから、「とても失礼」「役得だ」などといった批判が集中した。

ネット上の声に対して12日、アンディ・チェンが中国版ツイッターにメッセージを投稿。「ステージ上で誘導する際に安全面を考慮して、もし無意識に触れていたことがあったなら、ご本人とファンの皆さんに謝罪したい。今後は十分に配慮します」と謝罪の言葉を記している。

なお、当日のイベントの参加者からは、「体に触れた様子は見られなかった」「動画や写真は撮った角度の問題だ」「誘導する時、腕に触れるくらいは許容範囲だ」といった擁護の声が多く上がっている。また、ネットメディアが撮影した当日の写真では、ハグを交わす時もテイラー・スウィフトに極力触れることのないよう配慮している様子が見られる。(Mathilda)