【プレミア12】侍ジャパン、5回終えて2点リード 坂本&鈴木2安打、今永は5回1安打1失点の好投

©株式会社Creative2

メキシコ打線相手に好投した侍ジャパンのDeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】

打線は初回に鈴木&近藤が、2回に坂本が適時打で得点

■日本 – メキシコ(プレミア12・13日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は13日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第3戦のメキシコ戦に臨み、5回まで3-1と2点のリードを奪っている。先発の今永昇太投手(DeNA)は5回を投げ1安打1四球、5奪三振1失点と好投している。

 今永は初回先頭のジョーンズを空振り三振に斬ると、3イニングを3者凡退と好調なスタートを切る。しかし4回、再び先頭で打席に立ったジョーンズに左翼席に飛び込むソロを打たれて1失点。しかし打たれたのはその1安打のみで、5回も3者凡退とした。

 打線は初回、この日2番でスタメン出場する坂本が左前打で出塁すると、4番鈴木が中前適時打で先制点を奪う。さらに2死一、二塁から近藤が中前適時打を放ち、2点目も奪った。

 さらに2回にも先頭の會沢が四球で出塁すると、続く丸が送りバントを決め二塁へ進塁。さらに山田が四球を選び一、二塁の好機を作った。ここでメキシコ先発のラミレスが降板、2番手ゴンザレスが登板するも、坂本が左中間に抜ける適時打で1点を加えた。(臼井杏奈 / Anna Usui)