ヤマハ発、オートバイ1万3千台をリコール

©ピーエムグローバル株式会社

 ヤマハ発動機の製造子会社インディア・ヤマハ・モーター(IYM)は13日、オートバイ「FZ25」と「Fazer(フェーザー)25」の合計1万3000台余りをリコール(自主回収・無償修理)すると発表した。PTI通信が同日付で報じている。

 対象となるのは2018年6月以降に製造された1万3348台。内訳はFZ25が1万2620台、フェーザー25が728台となっている。ヘッドカバーボルトが緩む恐れがあり、無償で修理するという。