森山直太朗、バルセロナで涙した理由

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『FRUIT MARKET』(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「TRAVEL LOVERS」。11月9日(土)のオンエアでは、日本テレビ系ドラマ『同期のサクラ』の主題歌『さくら(二〇一九)』を10月30日にリリースした、森山直太朗が登場。サッカーの本場、スペイン・バルセロナを訪れた際のエピソードを語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月16日28時59分まで)

■サッカー好きの森山が敬愛するFCバルセロナの地へ

森山:旅と言えば、ツアーとかコンサートでも日本の隅々まで回らせていただきました。プライベートでも海を越えてみたり、本当にいろいろなところに行ったりしました。今、思いつくところだと、やっぱりバルセロナかな? 僕はサッカーが大好きで、言わずもがなというか、FCバルセロナを敬愛しています。6、7年ぐらい前に取材を兼ねて、半分プライベートで遊びに行きました。

愛する選手たちが戦った地で、森山は思わず涙してしまったそうだ。

森山:バルセロナとレアル・マドリードが戦う「エル・クラシコ」というのがあるんです。日本でたとえるなら「巨人と阪神の伝統の一戦」のような一戦で、街ぐるみで盛り上がっているんです。当時は言葉が通じないなりに、街ゆく人やカフェでお茶をしている人をつかまえて、いろんなお話を聞いていたら「僕はずっとこんな時間をすごしたかったんだよな」みたいな、なんとも言えない気持ちになって。魂の奥の奥のほうが喜んでいるような感じがして、知らない人との他愛のないお喋りだったんですけど、涙が止まらなくなったのを覚えてます。それが「自分の死に場所」なのか、「いつか生きてきた場所」なのか、定かじゃないんですけど、みなさんにもそういうことってありませんか?

『FRUIT MARKET』のワンコーナー「TRAVEL LOVERS」ではお出掛けしたくなる旅のトピックスや、人気J-POPアーティストによる旅のエピソードを紹介。放送は毎週土曜の15時から。お聴き逃しなく。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月16日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『FRUIT MARKET』
放送日時:毎週土曜 15時-17時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket/