OBC、「勘定奉行クラウド」と「BtoBプラットフォーム請求書」をAPI連携

©株式会社BCN

オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は11月13日、「勘定奉行クラウドAPI version」と、インフォマート(長尾收社長)が提供する請求書の受取・発行を電子化するサービス「BtoBプラットフォーム請求書」がAPI連携を開始したと発表した。

BtoBプラットフォーム請求書は、電子請求書のプラットフォームとして「発行する請求書」だけでなく「受け取る請求書」「支払金額の通知」など、多彩な請求業務を電子データ化するクラウドサービス。今回のAPI連携によって、BtoBプラットフォーム請求書から、請求書データ(買掛金)を仕訳伝票として勘定奉行クラウドAPI versionに自動で取り込むことが可能となる。

従来、経理業務では、紙で受け取った請求書の情報をもとに、仕訳伝票を起票することが一般的だった。この業務は、月末など取引先の請求書が届くまで待った上で、会計システムへの入力や金額のチェック作業など、膨大な時間と手間がかかっていた。今回の連携では、取引先が請求書を発行したタイミングでAPIを経由してデータから仕訳を自動生成するため、正確な金額による仕訳伝票作成を瞬時に行うことができるようになり、経理担当者の請求書にかかわる業務時間と手間を削減し、大幅に経理業務の生産性を向上することができる。

連携イメージ

また、勘定奉行クラウドとデータ連携することで、銀行入出金データによる伝票自動作成から元帳・資産表も簡単に作成でき、オンプレミス環境では実現できなかった、タイムリーで安全な環境で経理業務を実現することが可能。さらに、クラウドならではのデータ共有により、税理士や専門家のアドバイスをリアルタイムに受けられる専門家ライセンスも付属している。