こだわりのコーヒースタンドめぐり VOL.1(トシノコーヒーほか)@川越

©株式会社サンケイリビング新聞社

コーヒースタンドというスタイル、ご存じですか?

喫茶店でもカフェでもなく、ぶらっと立ち寄って一杯のコーヒーを飲む場所。選び抜いたコーヒーを自家焙煎する店など、各店のこだわりが感じられます。今回は川越でも増えているコーヒースタンドを3件ご紹介します。

1. トシノコーヒー

川越店、坂戸店、入間店と埼玉県内で3件営業してる「トシノコーヒー」。

川越店は珈琲豆の焙煎、小売、卸、コーヒー用品販売、及びドリンクメニューの提供のみですが、すっかり蔵造の街並みに溶け込んでいます。

出典:リビング埼玉Web

種類豊富なドリップパックのパッケージには季節柄もあり、今だとクリスマス柄があります。プレゼントにもいいですよね。

出典:リビング埼玉Web

また、トートバッグなどのオリジナルのかわいいグッズも買えます。

出典:リビング埼玉Web

トシノコーヒー川越店

埼玉県川越市連雀町10-3

電話 049-299-5251

10:00~19:00

無休

アクセス 西武本川越駅より徒歩約8分

http://toshinocoffee.jp/

2. SOPPO KEITTIO(ソポ ケイッティオ)

2018年に下北沢での店舗営業を終了後、川越へ移転。店名はフィンランド語で「かわいい台所」という意味だそうです。

出典:リビング埼玉Web
出典:リビング埼玉Web

マグカップやランチマットなどの北欧雑貨が並び、カフェスペースでは手作りのスコーンとていねいに入れてくださるコーヒーを楽しむことができます。(もちろんテイクアウトもできます。)おしゃれでとても居心地のいい空間です。

出典:リビング埼玉Web
出典:リビング埼玉Web

「sopo keittio(ソポ ケイッティオ)」

川越市連雀町15-8

電話 049-277-3858

10:00~18:00

水曜日休

アクセス 西武本川越駅より徒歩約8分

https://sopokeittio.stores.jp/

3. COFFEE POST

街の POST の様な存在になりたいという思いを込めて「COFFEE POST」と名付けられたそうです。

常設の本川越駅前店と移動店の三輪自転車店があります。

出典:リビング埼玉Web

オーナーさんが福嶋出身ということで、福島県いわき市のウェルハース、福島県裏磐梯のMOTO COFFEEが焙煎した豆を使われているとのこと。今回私は福島産ももをつかった100%ももジュースと水だしアイスコーヒーをブレンドした「モモコ」を飲んでみました。コーヒーとジュース?と思うでしょう。これがとてもさっぱりしていて、とても合うのです。

出典:リビング埼玉Web
出典:リビング埼玉Web

こちらのお店は17時以降はアマレットラテなどのアルコールメニューも提供してもらえます。

住所 埼玉県 川越市新富町1-1-5 栗原ビル1F

電話番号 080-6045-0661

7:30 ~ 22:00

火曜日休

アクセス 西武本川越駅より徒歩約1分

http://coffeepost.jp/

スタバやタリーズもいいけれど、こだわりの一杯のコーヒーが飲めるコーヒースタンド巡り始めてみませんか?