「ラグナロク」でアクション寄りの硬派なバトルが楽しめる「ラグナロクORIGIN」プレイレポート【G-STAR2019】

©株式会社イクセル

韓国・釜山にて11月14日より開催中の韓国最大規模のゲームショウ「G-STAR 2019」。GRAVITYブースにて試遊することができたスマートフォン向けオンラインRPG「ラグナロクORIGIN」のプレイレポートをお届けする。

韓国のゲームショウ「G-STAR 2019」では、今年もGRAVITYがブースを出展。PC・スマートフォン向けの様々な新作がプレイアブル出展されていた。その中でも特に注目を集めていたのが日本でも人気の「ラグナロク」のIPを活用した新タイトルだ。

今回紹介する「ラグナロクORIGIN」は、「ラグナロクオンライン」の世界観を新たに再解釈した、スマートフォン向けオンラインRPGだ。日本でも現在サービス中の「ラグナロクマスターズ」と比較的近しいグラフィックをしており、仮想スティックおよびタップで移動、画面右のスキルボタンで攻撃となっており、スマートフォン向けオンラインゲームではスタンダードな操作方法でプレイすることができる。

しかし、ゲームシステムは「ラグナロクマスターズ」とは少々異なる。本作はロビーとなるエリアから、ステージを選択。そこから様々な世界で展開するストーリーを楽しみながらステージクリアを目指す形式となる。いわゆるMOタイプだと思ってもらえるとわかりやすいか。

ロビーでは他のプレイヤーも表示される。
複数ある中から本を選択し、その本の世界で冒険が繰り広げられる。

そのため、バトルではプレイヤーの操作といったアクション部分に重点がおかれている印象だ。敵はかなり手強く、普通にスキルを連打しているだけではやられてしまうことが多々あった。そのため敵を足止めしたりと、使うスキルを考えながらプレイする必要があり、今まで違った感覚で楽しめる。

また、一部の敵は攻撃範囲が可視化される範囲攻撃を放ってきたり、一見するとどう処理をしていいのかわからないギミックを用いた攻撃をしてくる。またマップにもトラップが配置してあったり、しっかりと操作をしなければならない。それ故かもしれないが、本作にはオートモードが存在せず、しっかりと遊べるタイトルに仕上がっている。

今回のプレイアブルで試すことは出来なかったが、本作には「ラグナロク」に登場する様々な都市を探索し、園芸・採掘・釣りなどの生活要素も楽しむことができるという。ちなみに、オシャレ要素は衣装や帽子など5箇所を好きなアイテムで着飾ることができる。ステータスにも影響が無さそうなので、好みのアバターで冒険が楽しめるだろう。

「ラグナロク」のかわいいグラフィックを踏襲しながらも、これまでとは一味違ったアプローチが楽しめる「ラグナロクORIGIN」。今後の展開に期待したい注目のタイトルだ。