令和初の紅白にキスマイ、GENERATIONS、日向坂46ら8組が初出場!

©株式会社フジテレビジョン

12月31日の大みそかに放送される「第70回NHK紅白歌合戦」に、紅組では日向坂46、Foorin、LiSA、白組ではOfficial髭男dism、Kis-My-Ft2、King Gnu、GENERATIONS、菅田将暉の初出場が決定した。

14日(木)に都内で会見が行われ、初出場する8組のアーティストの中から6組が登場し、その喜びを語った。

キスマイにとってのNHK

Kis-My-Ft2・北山宏光は「僕たちが一番最初にNHKに来たのが約20年前。それから14年前にKis-My-Ft2の名前を聞いたのもNHK。そんな長い時間をそれぞれ成長してきたと思うので、思いを込めて、令和初の紅白を7人力を合わせて、(ジャニー喜多川)社長に感謝を込めながら頑張っていきたい」と喜びと共に思い出を振り返った。

また、北山は「僕たちも『YOUたちローラースケート履ける?』というところから始まっているので(ジャニー喜多川社長に)見てもらいたかったのはありますが、何者でもない男の子たちにKis-My-Ft2 というグループを作ってくれた、 ONE TEAM(ワンチーム) を作ってくれたということで、僕たちにしかできないパフォーマンスをしていけたらいいな」とし、ラグビーW杯で活躍した日本代表のスローガンを持ち出した北山に、メンバーの中での“リーチマイケル”は誰かと取材陣から質問。メンバーたちが顔を見合わせて相談すると、「宮田だと思います」と 宮田俊哉が自分で断言。その理由を「共通点があって、同い年なんです」と会場の笑いを誘った。

メンディー「LDHの代表として」

GENERATIONS・白濱亜嵐は「この報告を聞いたときはとても驚きました。メンバー自身、予想していなかったのでその場ですごく喜びました。改めて7人でやってきてよかったと感じました。このみんなで着ているTシャツは、出場が決まる前から(佐野)玲於が『決まったら着よう!』と作ってくれて今日着ることができたので、本当に幸せに感じています。僕たち7人にとっても夢の舞台で、それ以外にも僕たちを支えてくださるスタッフ、応援してくださるみなさん、家族、親戚にとっても念願の舞台と感じています。僕たちまだまだ未熟なグループだと思うので、紅白出場を機にもっともっと成長していきたいと思うので、当日パフォーマンスを楽しみにしててください」と期待を込めた。

白濱亜嵐

また、関口メンディーは「『GENERATIONSとして紅白に出たいね』と昔からの夢でしたので、それが叶ってとても嬉しいです。今回は、LDHのアーティストが自分たちだけなので、改めてLDH代表として世間の方にパフォーマンスを届けたい」と気持ちを奮い立たせた。

日向坂46「フレッシュさをパフォーマンスに」

日向坂46・キャプテンの佐々木久美は「紅白歌合戦は私もメンバーもずっとお家で見ていて、たくさんパワーをもらっていた番組なので、自分たちが出演者の一員として出させていただくのは光栄」と明かした。

同じ“坂道グループ”の先輩である乃木坂46や欅坂46と一緒に出場できることについて佐々木は「 “坂道グループ” として先輩方と同じステージに立てるのは光栄ですし、嬉しいこと。坂道のひとグループではなく、日向坂46として世間の方に知っていただけるようなパフォーマンスをしたい」と話し、「私たちは、結成は3年ほどですが、デビューは1年経っていないので、フレッシュさをパフォーマンスで出していければ」と意気込んだ。

LiSAは「テレビを通して私らしいライブをお届けできれば」と喜びを明かし、「紅白歌合戦は年末に家族が一つになって一つの番組を見ながら、さまざまな年齢が一緒に応援できるアーティストが出られる番組。そこに一人として初出場できたのはとてもうれしい。これを早くファンの方、お世話になった方、母に伝えたい」と語った。

Foorin・もえのは「日本のみなさんに元気を届けられるように、team Eのみなさんと最高のパフォーマンスができるように頑張りたいです」と元気にあいさつ。

昨年ゲストとして出演し「パプリカ」を歌唱したFoorin。今回の紅白歌合戦では、全編英語の歌詞の「Paprika」を制作し、オーディションで選ばれた6~12歳の5人による子どもたちのユニット「Foorin team E」とともに紅組で出場する。

また、菅田将暉はVTRで「NHK紅白に初めて出場します。今年は全国ツアーをしたり、改めて音楽を届ける楽しさをすごく感じた1年。大みそかには全国、世界中に歌を聞いてもらえるということで、精一杯自分なりにやっていきたい」とメッセージを寄せた。

紅組の司会は2013年(第64回)、2015年(第66回)に続き4年ぶり3回目となる綾瀬はるか、白組は嵐の櫻井翔が務める。嵐は2009年から10回連続で出場し、2010年からは嵐として連続5回の白組司会を務め、個人として司会を務めるのは昨年に続き2回目。

そして、総合司会は今年は、連続テレビ小説「なつぞら」で“語り”を担当し、2017年(第68回)、2018年(第69回)に続いて3回目となる内村光良が務める。出場する歌手は41組。