冬の移籍市場で移籍の可能性大?プレミアのスター選手たち

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: Gettyimages

すでに11月も中旬に突入し、1年が終わろうとしている。長く感じた人もいれば、短く感じた人もいるだろう。まもなく新年を迎えるが、サッカー界の新年一発目のイベントと言えば、冬の移籍市場だ。夏の移籍市場ほどの盛り上がりは見せないかもしれないが、これまでに多くのビッグディールが成立してきた。

今回ご紹介するのは、冬の移籍市場で移籍する可能性のあるスター選手たち。今回はプレミアリーグの選手をご紹介する。


写真提供:Gettyimages

ネマニャ・マティッチ

クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

ここ数シーズンのユナイテッドの中盤を支えてきたのがマティッチだ。昨シーズンはパリ・サンジェルマンに移籍したアンデル・エレーラともに、高い献身性を見せた。

そのマティッチだが、今シーズンはわずか160分の出場にとどまっている。同選手にはミランとインテルの2クラブが興味を示していると報じられている。


写真提供:GettyImages

オリビエ・ジルー

クラブ:チェルシー

昨シーズンのヨーロッパリーグ優勝に大きく貢献したジルー。しかし、今シーズンはタミー・アブラハムの台頭により、存在感を失っている。

報道によると、今シーズンいっぱいで同選手との契約を満了するチェルシーは放出を検討しているようだ。クリスタル・パレスとウェストハム・ユナイテッドが、同選手の獲得を目指しているという。


写真提供:Gettyimages

ペドロ・ロドリゲス

クラブ:チェルシー

ジルー同様に、若手選手の台頭によって出場機会を失っているのがペドロだ。今シーズンはわずかリーグ戦3試合の出場にとどまっている。

報道によると、チェルシーの補強禁止処分が撤回された場合、トルコのフェネルバフチェに移籍する可能性があるようだ。


写真提供:Gettyimages

メスト・エジル

クラブ:アーセナル

ウナイ・エメリ監督の就任後、出場機会を減らしているのがエジルだ。退団の噂は常に報じられている。

そのエジルだが、トルコ現地の報道によると、フェネルバフチェが興味を示しているという。ローンでの獲得を計画しているようだ。


写真提供:Gettyimages

グラニト・ジャカ

クラブ:アーセナル

ここ数日で移籍報道が過熱しているのがジャカだ。クリスタル・パレス戦での出来事により、サポーターとの関係性が壊れ、同選手は移籍を望んでいるとされている。

ミラノに家を購入したとされるジャカだが、報道によるとブンデスリーガ復帰の可能性が最も高いようだ。

写真提供:Gettyimages

今夏の移籍市場でバイエルンが獲得に動いていたとされるサネ。しかし、十字靱帯損傷により、それが実現することはなかった。

しかしながら、バイエルンは依然としてサネの獲得を目指しているようだ。獲得には莫大な資金が必要とみられているが、果たして。


写真提供Gettyimages

ジェルダン・シャチリ

クラブ:リバプール

高いクオリティを持ちながら、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラー、サディオ・マネの陰に隠れてしまっているシャチリ。出場機会を求めて、クラブを離れる可能性があるようだ。

シャチリは地元スイス紙のインタビューに「プレーできていないことに失望している。ベンチに座っているのが好きな人なんていないだろう。解決策を見つけないと」と語っている。


写真提供:GettyImages

クリスティアン・エリクセン

クラブ:トッテナム・ホットスパー

トッテナム攻撃陣の指揮を執るエリクセンは、今夏の移籍市場での移籍が盛んに噂された。しかし、最終的にそれは実現せず、今シーズンもトッテナムで過ごしている。

ただ、エリクセンは今シーズン終了までトッテナムにいるつもりはないようだ。レアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドなど、ビッグクラブが獲得に動いていると報じられている。