世界有数になる!FIFA20キャリモの「神童左サイドバック」10名

©株式会社コリー

9月末に発売されたFIFA20。世界的に人気のサッカーゲームシリーズの最新作であり、多くのユーザーが様々なモードで試合を楽しんでいる。

今回は『Real Sports』から「ゲーム中で最もポテンシャルがある若手左サイドバック」をピックアップしよう。

ヌーノ・タヴァレス(ベンフィカ)

年齢:19歳

総合値:72

ポテンシャル:84

キャリアモードで若い左サイドバックを獲りたいと思ったらヌーノ・タヴァレスをお勧めしたい。彼はもうトップチームで出番を得ている選手であるから、ご存知かもしれないが。

スプリントスピードは88、加速が85、そしてシュート力が79とかなり優れている。右サイドバックでも起用できるので、使いながら育てられるだろう。

ヨシャ・ファグノマン(ハンブルガーSV)

年齢:18歳

総合値:65

ポテンシャル:84

左サイドハーフでも起用することができる攻撃的なドイツ人の18歳。エヴァートンやアーセナル、チェルシーが獲得に動いたというサイドバックだ。

スプリントスピードが86、加速が82、そして強さが76とディフェンダーに欲しい能力をちゃんと備えているタイプだ。総合値は控えめな状況であるが、ポテンシャルはかなり高く設定されている。

アルテュール・ザグル(モナコ)

年齢:17歳

総合値:62

ポテンシャル:85

左サイドバックとセンターハーフをこなせるザグルはフランス期待のDF。今夏PSGからモナコへと移籍しており、現在はBチームでプレーしている。

身長は160cm代と小柄であることは否めないが、バランスが90、敏捷性が85、加速が83に設定されている。現状は尖った能力値になっているものの、85のポテンシャルは非常に目を引く。

ティレル・マラシア(フェイエノールト)

年齢:19歳

総合値:71

ポテンシャル:82

オランダU-21代表に入っているマラシア。フェイエノールトの若手である彼はスピードに優れている身体能力自慢の左サイドバックだ。

加速とバランスが85、敏捷性が84とかなりのもの。ポテンシャルは82であるが、現状でもスピード面ではトップレベルの選手に引けを取らず、価格も安い。

ドマゴイ・ブラダリッチ(リール)

年齢:19歳

総合値:69

ポテンシャル:82

今夏のマーケットでハイデュク・スプリトからリールに移籍した若きクロアチア人選手。すでにチャンピオンズリーグでもスタメンで起用された。

まだ価値も総合値もそれほど高くはないものの、加速が78、スプリントスピードが77、クロスが72と設定されている。ポテンシャルは82だ。

ミランダ(シャルケ04)

年齢:19歳

総合値:67

ポテンシャル:82

バルセロナからシャルケ04に2年間のローン移籍をしている19歳のスペイン人DF。明るい未来が待っているDFだと期待されている選手だ。

サイドバックとセンターバックの両方をこなせるが、まだ特別に優れている能力は存在せず、やや中途半端な設定だ。とはいえポテンシャルは82なので、器用な選手に育てられるだろう。

ラーヤン・アイト・ヌーリ(アンジェ)

年齢:18歳

総合値:64

ポテンシャル:81

夏の移籍マーケットでモナコやウォルヴァーハンプトン、アトレティコ・マドリーと接触していたと言われるフランス人DFアイト・ヌーリ。将来性が評価されているアンジェの選手だ。

サイドバックとセンターバックの両方で起用でき、77のバランスと73の敏捷性を備えている。まだ安いので、獲得するならば今だろう。

フアン・カバル(アトレティコ・ナシオナル)

年齢:18歳

総合値:61

ポテンシャル:82

コロンビアのアトレティコ・ナシオナルでプレーしているフアン・カバルは、まさに将来性を期待したい左サイドバックだ。しばらくは我慢が必要かもしれないが、ポテンシャルは82まである。

俊敏性が77、スプリントスピードが76、そして加速が75。まだ未熟な数値ではあるものの、ここから成長させられるかどうかはユーザーにかかっている。

リベラート・カチェイス(ウェリントン・フェニックス)

年齢:18歳

総合値:67

ポテンシャル:81

ニュージーランドで今最も期待されている選手であるカチェイス。すでに同国唯一のプロクラブであるウェリントン・フェニックスでウイングバックのレギュラーとなっている。

スタミナが82、スプリントスピードと加速が75に設定されており、攻撃的な能力に優れている。ただディフェンスについてはそれほど高くないので、能力が成長するまでは我慢したいところ。

ジェイリン・リンジー(スポーティング・カンザスシティ)

年齢:19歳

総合値:62

ポテンシャル:81

MLSで最もポテンシャルがある左サイドバックだ。FIFA20でもポテンシャルが81に設定されており、これから伸びる。現在のスプリントスピードが80、加速が75、そしてバランスが73。

ただ、カンザスシティからスウォープ・パーク・レンジャースにローン移籍したため、ゲームから消えてしまうかもしれない。