日韓、徴用工で平行線

外務省局長協議

©一般社団法人共同通信社

報道陣に囲まれ外務省を出る韓国外務省の金丁漢アジア太平洋局長(中央)=15日午前

 外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長は15日午前、韓国外務省の金丁漢アジア太平洋局長と日本外務省で協議した。韓国人元徴用工訴訟問題で日本側は国際法違反の状況を早期是正するよう要求、韓国側は従来の立場を主張し平行線だった。日本側は韓国が破棄決定した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)について賢明な対応を求めた。日本外務省が明らかにした。

 日韓外務省の局長級協議は10月16日にソウルで開いて以来。金氏は会談後「ご存じの事案をはじめ、広範囲に話した。内容はコメントできない」と記者団に述べた。