除雪作業員を児童が激励 みなかみでシーズン前に出陣式

©株式会社上毛新聞社

 本格的な降雪シーズンを前に、国土交通省関東地方整備局高崎河川国道事務所は14日、群馬県みなかみ町の道の駅みなかみ水紀行館で除雪出陣式を開いた。水上小3年生19人が招かれ、除雪機械を見学した=写真

 児童はロータリー除雪車に乗り、雪を排出する「シュート」を操作した。倉持楓斗君は「機械を動かすレバーのボタンが面白かった。かっこいい仕事だと思う」と笑顔だった。

 式典では6年生の久保若葉さんと福島大都君が作業員を激励し、旗を振って出陣の号令を出した。