金ロー今夜『アナと雪の女王』オラフ役は武内駿輔!豪華声優を振り返り

©株式会社シネマトゥデイ

映画『アナと雪の女王』より - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ディズニーの大ヒットアニメーション映画『アナと雪の女王』が、本日15日の21時~日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で本編ノーカット放送。日本でも社会現象を巻き起こした本作の豪華な声優陣を振り返る。

オラフ役・武内駿輔の声入り!『アナと雪の女王2』日本版本予告

 日本で歴代興行収入第3位にあたる255億円の特大ヒットを飛ばした本作は、触れた物を凍らせる力を制御できず、妹のアナを傷つけてしまうことを恐れて心を閉ざしていたアレンデール王国の王女エルサと、そんな姉を救うため旅に出たアナの姿を通じて、姉妹の絆と真実の愛を描き出す作品。

 物語の中心となるエルサとアナの姉妹の声は、女優の松たか子神田沙也加が演じている。エルサ役の松は、劇中エルサが歌う「レット・イット・ゴー」で圧巻の歌声を披露し、凍っていたエルサの心が解き放たれていくさまを力強く表現。神田もエネルギッシュで行動力あふれるアナを生き生きと演じている。公開当時来日したジェニファー・リー監督が生歌を聞いて感激で思わず涙した、神田の抜群の歌唱力にも注目だ。

 劇場公開時にピエール瀧が声を吹き込んでいた雪だるまのオラフ役は、『KING OF PRISM』シリーズなどの声優・武内駿輔が担当。先日『アナと雪の女王2』(11月22日公開)の日本版予告編が公開された際にもオラフ役の武内に視線が集まり、インターネット上では「違和感ない」という声が多数あがっていた。

 さらに、舞台・ミュージカルを中心に活躍する俳優の原慎一郎が自然を愛する山男のクリストフ役、アニメ「テニスの王子様」柳生比呂士役などで知られる津田英佑が南諸国のハンサムな王子・ハンス役、クリント・イーストウッドの吹き替えなどで有名な多田野曜平がウェーゼルトン公爵役、多くのミュージカルでメインキャストを務めてきた俳優の安崎求がトロールの長であるパビー役で名を連ねている。(編集部・吉田唯)