V・ファーレン あす栃木とホーム最終戦 「未来につながるメッセージを」

©株式会社長崎新聞社

「最後まで応援してくれる人がいる。未来につながるメッセージを」とホーム最終戦への思いを語るV長崎の手倉森監督=諫早市、なごみクラブハウス

 明治安田J2第41節は16日、各地で計11試合が行われる。12位V・ファーレン長崎は午後2時から、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で21位栃木とのホーム最終戦に臨む。14日の練習後、取材に応じた手倉森監督は「(J1復帰の)有言実行ができなかったシーズン。にもかかわらず、最後まで応援してくれる人がいる。未来につながるメッセージを出したい」と意気込んだ。

 前節は昇格争いをする山形に3-1で快勝。J1復帰の可能性が断たれている中、上位相手に意地の勝利を挙げた。残り2節。「あと二つ勝てば勝ち越せる。一つでもいい結果で終わりたい」と選手たちのさらなる奮起に期待を込めた。

 栃木は残留争いの真っただ中にあり、タフなゲームが予想される。前回アウェーで対戦した第10節は3-1でV長崎が勝っているが、指揮官は「本当に必死さが伝わってくるやっかいな相手。守備の肉弾戦は覚悟しておかなければいけない」と気を引き締めていた。