【月9クイズ】 “あのドラマ”のキャッチフレーズは何?「僕はしにましぇ~ん!」ではありません!

©株式会社フジテレビジョン

平成の期間中(1989年1月―2019年4月)にフジテレビで放送された月9ドラマは全122作品。ほとんどのドラマには、その内容を一言で現すキャッチフレーズがある。どんな話題作でも意外と知らなかったり忘れていたり…。

そこでフジテレビュー!!では平成を10年ごとに分け、編集部が注目したキャッチフレーズを3本選んで、クイズ形式で紹介していく。「平成元年~10年」のドラマからは、こちらの3つ!

1)「ウニふんじゃったよ、オイ。」
ヒントは… 男同士の友情を描いた青春ドラマ

2)「私は、まさかと思いました。」
ヒントは… 最高視聴率は36.7%!

3)「恋をひいたわ。あっためて。」
ヒントは… 元号が平成になって初の月9ドラマ

何のドラマか、皆さんはわかった?正解はこちら!

「ウニふんじゃったよ、オイ。」

“月9”と言えばラブストーリー!だけれども、このキャッチフレーズには恋愛要素がない。そう、このキャッチフレーズのドラマは月9では珍しい男同士の友情を描いた青春ドラマで、反町隆史と竹野内豊がダブル主演を務めた『ビーチボーイズ』(1997年7月~9月)だ。

舞台は海辺の民宿・ダイヤモンドヘッド。そこに、お調子者の放浪人の広海(反町)と都会をドロップアウトしてきた海都(竹野内)が現れる。出会うはずもない男2人は、しばしの休息を求めて海の見える地へと向かったのだ。遭遇した2人がたどり着いた場所が同じ海の見えるさびれた民宿・ダイヤモンドヘッド。そこでバイトを始めた2人は、この民宿の一人娘である真琴(広末涼子)に興味を抱いていく。

男の友情、恋、海、と夏ドラマの定番要素が満載のドラマで、こんな夏を過ごしてみたいなと思いながら当時、ドラマを見ていた人も多いはず。

「私は、まさかと思いました。」

このキャッチフレーズだけだと、まだまだ分からない人も多いはず。もう一つ、ヒントを出すのであれば、この名セリフ「ボクは死にましぇ~ん!」。これで多くの人が何のドラマかピンときただろう。

90年代の「月9」を語る上で欠かせない、浅野温子と武田鉄矢がダブル主演を務めた大ヒットドラマ『101回目のプロポーズ』(1991年7月~9月)。平均視聴率は23.6%、最高視聴率は36.7%(※ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得した高視聴率ドラマだ。

武田演じる建設会社の万年係長・達郎は、真面目が取り柄の中年サラリーマン。一見、かっこいいが実はアニメオタクの弟・純平(江口洋介)と暮らしている。そんな中、99回のお見合いで断られ続け、すっかり自信を失っている達郎に100回目の見合い話が舞い込む。相手はチェロ奏者の薫(浅野)で、そんな彼女に当然のように断られた達郎は諦めきらずに、猛烈なアタックを開始。当初は戸惑っていた薫だが、達郎の純粋な心に触れ、次第に心を開いていく。

「私は、まさかと思いました。」このフレーズが、達郎と薫どちらの心境を表わしているのか、それともお互いにそう思っていたのか…。もう一度、このフレーズを頭に留めながらドラマを見返してみるのもいいかもしれない。

そして不器用な達郎の薫への恋心は、日本だけでアジア各国の人々の心を震わせた。2003年には日韓合作でチェ・ジウを主演にドラマ化され、2013年には台湾出身のリン・チーリンを主演に迎えて映画化された。

「恋をひいたわ。あっためて。」

このキャッチフレーズのドラマは、元号が平成へと変わって初めて月9で放送された、中山美穂主演の『君の瞳に恋してる!』(1989年1月~3月)。

あこがれの代官山に住みたい中山演じる女子大生の瞳は、格安マンションを見つけて麻知子(菊池桃子)と照代(藤田朋子)の友人3人と共同生活を始める。しかし、隣室にマンション探しで部屋を争った軟派な男・元と、初対面のデートでいきなり瞳の唇を奪った男・耕平が引っ越してくる。

瞳は元から猛烈なアプローチを受ける一方で、ラジオ局のディレクターの大人の魅力にも惹かれてく。そこにさらに、麻知子と照代の恋愛模様が複雑に絡まり騒動が巻き起こる。

ドラマのタイトルやキャッチフレーズからも想像できるように、「恋愛」がメインのストーリー。主人公を含めた登場人物達が繰り広げる恋愛や友人たちと楽しそうに過ごす“共同生活”が見ている人たちをワクワクさせた。

現在、東京・お台場のフジテレビ本社で行われている「平成月9ドラマ大ポスター展」(入場無料)では、平成期間中に放送されたドラマのポスターが展示されている。ポスターを見るとドラマに出演しているキャストや当時の思い出が浮かんでしまう…。しかし、それだけでなく、どんなキャッチフレーズが付けられているか注目するのも面白いかもしれない。

<イベントは10:00-18:00(最終入場は17:30) /月曜休館(月曜祝日の場合は翌日休館)/2020年1月終了予定>