無職の男を覚醒剤使用容疑で再逮捕

10月 神戸から加古川までカーチェイス

©株式会社 サンテレビジョン

10月、神戸市内で当て逃げをして逮捕された男が覚醒剤を使っていたとして再逮捕されていたことが分かりました。

千葉市の無職の男(52)は、10月14日、神戸市垂水区で軽自動車を運転中に他の車に衝突して40キロ以上逃走し、加古川市内の住宅街で当て逃げの疑いで現行犯逮捕されました。

捜査関係者によりますと男は逮捕後の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たということで、11月5日に覚せい剤取締法違反の疑いで再逮捕されました。

車の助手席に乗っていた女からも覚醒剤の陽性反応が確認されたとして、警察が逮捕しています。 警察は2人の認否を明らかにしていません。