ブラウンズSランドールが違法なヒットで退場

©NFLJapan.com

ピッツバーグ・スティーラーズのディオンテ・ジョンソンとクリーブランド・ブラウンズのダマリアス・ランドール【AP Photo/David Richard】

一つの決定によってクリーブランド・ブラウンズのセーフティ(S)ダマリアス・ランドールの夜は終わった。

現地14日(木)、ランドールはチームがピッツバーグ・スティーラーズに21対7で勝利した試合から、第3クオーターで起こったスティーラーズの新人レシーバー、ディオンテ・ジョンソンに対するヘルメット同士のヒットによって除外されている。

ランドールが頂点に到達する前にパスがインコンプリートに終わった後、ジョンソンとの接触につながった。このプレーには不必要なラフネスによってフラッグが投げられ、ランドールはすぐさま退場となっている。

ランドールとモーガン・バーネット(アキレス腱)を失ってブラウンズがジャストン・バリスとシェルドリック・レッドワインを出場させることを強いられる中、スティーラーズは同じポゼッションでこの夜最初のタッチダウンを決めた。

【A】