【映画レビュー】玉城ティナの妖艶な色気が爆発‼  映画オリジナル・ストーリーの映画『地獄少女』が本日より公開‼

©103R株式会社

ドラマ化&マンガ化&ライトノベル化もされた人気オリジナルテレビアニメを実写化した映画『地獄少女』が本日より全国公開!!

メガホンをとるのは『ノロイ』や『不能犯』など独自のエンタメ作品を作り続ける白石晃士 監督。主演は、『わたしに××しなさい!』や『ダイナー』などで個性的な役どころでの出演が続く玉城ティナ。2人のコラボにより、原作ファンも原作を読んだ事のない人も楽しめる映画オリジナルな『地獄少女』に仕上がっております!!

いよいよ地獄少女・閻魔あいが登場!!

巷では、「深夜0時に開く秘密のサイト"地獄通信"で依頼すると、地獄少女が現われて恨みを晴らしてくれる」という都市伝説が話題。

そんな中、内気な女子高生の市川美保は、大好きなアーティスト・魔鬼(マキ)のライブへ。ライブ会場で、痴漢にあった美保を助けてくれた南條遥。遥は、サバサバクールで少しトリッキーな女子高生。真逆の2人が、魔鬼好きという事もあり、意気投合。美保と遥は、魔鬼のライブのコーラス・オーディションを受けることに。

所が、合格したのは遥だけ。それ以降、様子のおかしくなっていく遥。遥が心配になった美保は、魔鬼の元へ通う遥を尾行。すると魔鬼のライブ裏の恐ろしい計画へ巻き込まれていく事に!!

そこへ魔鬼の裏社会との繋がりを調べるルポライターや遥より前に魔鬼に認められた女性なども巻き込み、様々な思いが交錯。事件の裏で怨みにかられ、"地獄通信"へアクセスする人々。いよいよ地獄少女・閻魔あいが登場!!

個性的なメンツが白石組に集結!!

『オカルト』や『ノロイ』、『コワすぎ!』シリーズなどで主観映像のPOVを多用したフェイクドキュメンタリーで映画界の新たなジャンルを切り開いたら白石晃士 監督。近年では、『貞子vs伽椰子』や『不能犯』などエンタメに比重を置いたヒット作を連発。本作でも、脚本を兼任。アニメ版やマンガ版とはまた違うオリジナル・ストーリーを執筆。あちらこちらで白石節を炸裂させつつも、誰もが楽しめる映画版『地獄少女』に仕上げています!!

主人公の地獄少女・閻魔あい役を演じるのは、『わたしに××しなさい!』や『ダイナー』等で個性的なキャラクターを演じ、メキメキと演技力を上げている玉城ティナ

その他、麿赤兒、橋本マナミ、楽駆、森七菜、仁村紗和、藤田富、波岡一喜、大場美奈(SKE48)が共演。

それぞれの世界観も絶妙なバランスで合体!!

そこへ少女たちの友情や、音楽界の闇バックグラウンド、謎のアーティスト・魔鬼……と盛り沢山。原作の"地獄通信"の設定を怪しい都市伝説へ落とし込み、 ミステリーホラーへと昇華された脚本も白石監督らしさ満点。この世ではない場所やルポライターの母親の経験談を語る回想の世界、エキストラ大量導入のライブハウス、ハードな曲を歌うアンダーグラウンドな音楽界など、それぞれの世界観も絶妙なバランスで合体!!

映画『地獄少女』は、本日、11月15日より全国公開となります。

映画『地獄少女』

出演:玉城ティナ 橋本マナミ 楽駆 麿赤兒 森七菜 仁村紗和 大場美奈(SKE48)

森優作 片岡礼子 成田瑛基 / 藤田富 波岡一喜

主題歌: GIRLFRIEND 「Figure」(エイベックス)

劇中歌:V.A「地獄少女」劇中オリジナルソングス(アルテメイト)

監督・脚本:白石晃士 原案:わたなべひろし 原作:地獄少女プロジェクト

製作: NBC ユニバーサル・エンターテイメント 藤商事 ギャガ ギャンビット

制作プロダクション:ダブル・フィールド

配給:ギャガ

Ⓒ地獄少女プロジェクト/2019 映画『地獄少女』製作委員会

公式HP:gaga.ne.jp/jigokushoujo-movie/