DeNA関根、6試合連続安打で打率.292に上昇 初V打に指揮官絶賛「大きな仕事」

©株式会社Creative2

ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしているDeNA・関根大気【写真:球団提供】

チームも今季初の5連勝と好調をキープ、首位まで0.5差の2位タイに

 メキシコのウインターリーグに参加し、ヤキス・デ・オブレゴンでプレーしている横浜DeNAベイスターズの関根大気外野手が13日(日本時間14日)、ホームで行われたカニェーロス・デ・ロスモチス戦に「1番・中堅」でフル出場し、初の決勝打を放ち、チームを今季初の5連勝へと導いた。

 0-0で迎えた3回、2死三塁のチャンスで三塁線にノーサインでセーフティーバント。相手投手は打球を処理し、本塁に送球したが、三塁走者の足のほうがわずかに早く、この得点が決勝点となり、オブレゴンが3-1で勝利した。

 地道な練習がついに実った。オブレゴンのセルヒオ・ガステルム監督はメキシコでは珍しく、足を使った攻撃を好んでおり、関根は連日、監督の指示を受け、早出練習でセーフティーバントの練習を繰り返していた。これまでは、なかなか試合では練習通りに決められない日が続いていたが、2死から相手の意表を突く攻撃が成功し、指揮官もしてやったりの表情。「やっと決めてくれた。今日は関根が機能した。大きな仕事をしてくれた」と、期待に応えた関根に目を細めた。

一時は打率1割台もコツコツ上げ3割も目前に

「試合で決められない時もあったが、いつも監督やコーチが熱心に指導してくれていた。試合で決めることで何とか恩返しがしたいと思っていた。決められてよかったです」

 この日は5回にリーグ3位タイとなる7盗塁目も決め、7回にも中前打。「とにかく塁に出ることを考えている」という関根は、これで6試合連続安打。打率は2割9分2厘、出塁率も3割8分8厘まで上昇した。チームも本拠地5カード目にして、初のカード勝ち越し。試合後には勝利の立役者として地元メディア2社からも取材を受けた。

 首脳陣にも恵まれた。監督は夏のメキシカンリーグで計1400本以上の安打を放っており、ヘラルド・サンチェス三塁コーチは、メキシコで2000試合以上となる連続試合フル出場記録を持っており、夏冬合わせて3000本以上のヒットを放ち、メキシコで殿堂入りも果たした名手。ウィリー・ラミロ打撃コーチもプレミア12でベネズエラ代表の打撃コーチも務めた人材で、関根は連日、経験豊富なコーチ陣から打撃の指導を受け、一時は1割だった打率をコツコツと上げてきた。

 これでチームは7試合を残し、前期リーグ17勝11敗で首位と0.5差の2位タイ。勝てば今日14日(同15日)にも首位に浮上する。関根は「この5連勝はデカい。もちろん首位で折り返したいですし、日々、勝ちを目指して戦いたい」と、前期リーグ首位ターンを誓った。(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)