中山美穂が娘役の土屋太鳳を絶賛!「本当にいい子。欲しいなと思った」

©株式会社東京ニュース通信社

NHK BSプレミアムで11月23日放送の「リバイバルドラマ Wの悲劇」(午後9:00)の完成試写会に土屋太鳳と中山美穂が出席した。

同作は、ミステリー小説の名手・夏樹静子氏の傑作小説を過去の名作を現代によみがえらせる“リバイバルドラマ”シリーズとして制作するもので、製薬会社会長の殺害を巡るミステリーを描く。主人公の和辻摩子を土屋、摩子の母親・淑枝を中山、義父・道彦を岡本健一が務める。中山と親子役を演じた土屋は「美穂さんは存在感とオーラがあって、その場にいてもらえるだけで役作りになりました」と初共演を喜ぶと、その中山は土屋について「本当にいい子。私がおススメした曲を一生懸命に聴いてくれたり。本当に欲しいな、この子と思った」と相思相愛だった。

令和版「Wの悲劇」ヒロインに土屋は、「時代を超えて愛される名作の実写化で、令和元年という記念すべき年にこの作品にヒロインとして生きられたことは光栄」と喜び、「大先輩がいる中で緊張したけれど、撮影はとても楽しく刺激的で、その刺激が映像に刻まれていると思います」と手応え十分。

中山は「リバイバルされて質の高い作品になりました。太鳳ちゃんが堂々と演じていらして、母として誇らしい気持ちになりました」と絶賛で、「内容はハードですが、現場はとても和やか。豪華キャストの顔ぶれも見どころです」とアピールした。