Travis Japanに密着! 屋良朝幸と作るジャニーズダンスの極みに迫る!!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビで11月22日放送の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(金曜深夜0:55、関東ローカル)では、ジャニーズJr.でダンスを武器に絶大な人気を誇るTravis Japanを特集。Travis Japan初単独主演舞台の二幕SHOW TIMEの振り付けを担当することになった屋良朝幸にも密着する。

Travis Japanは、マイケル・ジャクソンの振付師を務めたトラヴィス・ペインが、2012年にジャニー喜多川氏とともにジャニーズJr.の中から選抜したメンバーで構成されたグループ。番組ではグループ結成7年目にして初の単独主演舞台となる「虎者-NINJAPAN-」に挑むTravis Japanに、屋良が振り付けをするその一部始終を追う。

「虎者-NINJAPAN-」は、Travis Japanがアクロバットの要素を取り入れて臨む新たな和のエンターテインメントショー。ジャニー喜多川氏が企画・構成を行い、滝沢秀明が構成・演出を引き継いだ。世界にも通用する作品を目指したこの舞台は、「忍者」をステージのコンセプトにし、さまざまな感情や状況をセリフではなく歌や踊りのほか、トランポリンを使ったアクロバットなどのパフォーマンスで表現する。

「毎回どんどん新しいことをやっていく。めっちゃ怖いです。怖いと思ったのは初めて」と稽古の合間、メンバーの松田元太は漏らす。だが一幕を完成させるだけでも困難を極めていた彼らに、屋良は二幕でさらなる試練を用意していた。それはブレークダンスなどを取り入れた高度な振り付けの数々。体力だけでなく技術の面でも未経験の境地で、満身創痍(そうい)で稽古に臨む。

そんな試練にも、リーダーの宮近海斗は「屋良くんは自分にとっての教科書。もし屋良くんのパフォーマンス力を身につけることができたら、Travis Japanの一員として何も怖くないような気がする」と語る。一方、屋良もTravis Japanの最年長・川島如恵留のしなやかで美しいバク宙を見て、「なんで着地の時、音鳴らないの!?」と興味津々。ダンスに対する姿勢を通じて互いにシンパシーを感じる先輩と後輩たち。屋良は、「すごく背負っているなって。ジャニーズJr.ってものとチームをどうするかっていうものを。それがふとパフォーマンスの中に見えた時があった。それがすごい良かった」とTravis Japanに対しての思いを語っている。