MLB公式サイトが「アウォード受賞なし」の今季ベストナインを選出

©MLB Advanced Media, LP.

2019年のメジャーリーグは、日本時間11月15日の両リーグのMVP受賞者の発表をもって、アウォード発表シーズンをほぼ終了した。もちろん、アウォードの数には限りがあり、今季見事な活躍を見せた選手全員をカバーできるわけではない。MLB公式サイトではアウォードを1つも獲得できなかった選手のなかからベストナインを選出し、その活躍を称えている。

対象となっているアウォードは、シルバースラッガー賞、ゴールドグラブ賞、MVP、サイ・ヤング賞、最優秀救援投手賞(ア・リーグはマリアーノ・リベラ賞、ナ・リーグはトレバー・ホフマン賞)、ハンク・アーロン賞、選手間投票による各賞、最優秀守備選手賞であり、これらのアウォードを1つでも受賞した選手は選考の対象外となっている。また、救援投手は極端にアウォード受賞のチャンスが少ないため、今回は2人が選出されている。「アウォードなしベストナイン」の顔ぶれは以下の通り。

捕手:ヤスマニ・グランダル(ブリュワーズ)
153試合 打率.246 28本塁打 77打点 5盗塁 OPS.848

一塁手:ジョシュ・ベル(パイレーツ)
143試合 打率.277 37本塁打 116打点 0盗塁 OPS.936

二塁手:ホゼ・アルトゥーベ(アストロズ)
124試合 打率.298 31本塁打 74打点 6盗塁 OPS.903

三塁手:ラファエル・デバース(レッドソックス)
156試合 打率.311 32本塁打 115打点 8盗塁 OPS.916

遊撃手:マーカス・セミエン(アスレチックス)
162試合 打率.285 33本塁打 92打点 10盗塁 OPS.892

外野手:ケテル・マーテイ(ダイヤモンドバックス)
144試合 打率.329 32本塁打 92打点 10盗塁 OPS.981

外野手:オースティン・メドウズ(レイズ)
138試合 打率.291 33本塁打 89打点 12盗塁 OPS.922

外野手:フアン・ソト(ナショナルズ)
150試合 打率.282 34本塁打 110打点 12盗塁 OPS.949

指名打者:ホルヘ・ソレアー(ロイヤルズ)
162試合 打率.265 48本塁打 117打点 3盗塁 OPS.922

先発投手:ゲリット・コール(アストロズ)
33試合 20勝5敗0セーブ 防御率2.50 212回1/3 326奪三振 WHIP0.89

救援投手:カービー・イエーツ(パドレス)
60試合 0勝5敗41セーブ 防御率1.19 60回2/3 101奪三振 WHIP0.89

救援投手:リアム・ヘンドリックス(アスレチックス)
75試合 4勝4敗25セーブ 防御率1.80 85回 124奪三振 WHIP0.96