木下優樹菜の“タピオカ騒動”でトバッチリ!? フォロワー大量芸能人たち

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

木下優樹菜 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

インスタグラムを用いた〝タピオカドリンク店店長脅迫事件〟で大炎上し、〝事務所総出〟での火消しも虚しく、芸能生命の危機を迎えているタレント・木下優樹菜。最近ではフォロワーの買収疑惑も持ち上がるなど、何かとインスタとはかみ合わない印象の彼女だが、同疑惑を巡っては、なぜか他の女性芸能人へも火の粉が降りかかる〝延焼〟の様相も呈している。

530万を越えるインスタグラムフォロワー数を誇る木下だが、先ごろ当サイトでも伝えたように、その中には同名ユーザーの外国人やフォロワーのいないユーザーが大量に発掘されている。こうしたアカウントは「単発アカウント」と呼ばれており、SNS業界ではフォロワー数を多く見せるために業者が用意したものとするのが定説だ。

「業者が用意したアカウントは、投稿や〝いいね!〟を行わず、フォローしたらそのままアカウントを放置します。つまり、木下が本当にフォロワーを買収・水増ししているのであれば、フォロワー数に対して〝いいね!〟があまり多くない他のタレントにも同じ疑惑が持ち上がることになるでしょう」(WEBジャーナリスト)

 

匿名ユーザーの数値化で他の女性タレントに飛び火

そんな経緯の中、木下をはじめとする女性タレントたちの〝いいね!〟データを某ネットユーザーが計測し、これが掲示板内で大きな話題となった。

「渡辺直美・ローラ・水原希子に次ぐ日本人タレント第4位のフォロワー数を誇っている木下ですが、このユーザーによると、〝いいね!〟はさほど寄せられていないことが分かります。直近10投稿への〝いいね!〟をフォロワー数で割った『いいね率』は1.55%と低く、これは同水準のフォロワーを誇るローラの半分強しかありません」(芸能ライター)

同データによると、大島優子・榮倉奈々・きゃりーぱみゅぱみゅ・ダレノガレ明美らは、フォロワー数100万台に対して、2%台前半の「いいね率」と高い水準を誇っている。一方、フォロワー数394万の佐々木希は1.31%、さらに530万の水原希子は1.01%となっており、投稿に対してフォロワーがあまり反応していないことが分かる。

ネット上では、

《流れ弾浴びとるやん水原》
《水原希子がついでに被弾してて草》
《水原、佐々木希、木下優樹菜あたり怪しいな》

などといった声が上がっていた。

「ユーザーが数値として可視化させたことで、木下の買収疑惑が他のタレントにも飛び火してしまったようですね。確かに、フォロワー数に対して『いいね率』が低いタレントは、同じように水増ししていると疑われても仕方ないでしょう。このデータに載っていないだけで他にも怪しいタレントはいるはずですが…」(同・ライター)

これからは、フォロー後の〝いいね!〟まで保障するアカウント売却が主流になるかも?