「鳥刺し文化」守りたい 業界初、マイスター認証制度設立

©株式会社宮崎日日新聞社

鶏のたたきを加工する「鶏の生食加工業者協議会」の加盟業者。食中毒防止のため調理器具の管理などが徹底されている=15日午後、宮崎市

 郷土食の「鳥刺し」や「鶏のたたき」を守ろうと本県や鹿児島県の加工業者らでつくる「鶏の生食加工業者協議会」(濱田勝会長、55社)は、民間認証制度「鳥刺しマイスター」を設立した。加工や調理などのルールを明確にして鶏肉の生食による食中毒を予防することで、南九州の”鳥刺し文化”の保護を目指す。