米沢市長選、あす17日告示

現新の一騎打ち濃厚

©株式会社山形新聞社

 任期満了に伴う米沢市長選は17日に告示(24日投開票)される。現職で再選を目指す中川勝氏(69)=本町3丁目=と、新人で元衆院議員の近藤洋介氏(54)=舘山1丁目=の2人が立候補を予定している。

 中川氏は自民党県連、同米沢市支部と公明党米沢支部の推薦を得た。財政健全化や病院建設計画策定など1期目の実績を強調し、市政の継続を訴えている。

 近藤氏は立憲民主、国民民主の両党県連、共産党置賜地区委員会、新社会党県本部が自主的に支援。経済対策を前面に市政の刷新をアピールする構えだ。

 9月2日現在の有権者数は6万8028人(男3万2906人、女3万5122人)。

◆立候補予定者(敬称略) 中川  勝(なかがわ・まさる) 69 無現 (1)市長(2)米沢商高(3)置賜広域理事長。県議3期、市議会議長。当1 近藤 洋介(こんどう・ようすけ) 54 無新 (1)会社役員(2)慶大(3)衆院議員、経産副大臣、日経新聞記者。 ((1)職業(2)最終学歴(3)主な経歴、当選回数)