ユナイテッド航空、直前発券手数料廃止 日本国内線の必要マイル数一部改定

©Traicy Japan Inc,

ユナイテッド航空は、マイレージプログラム「マイレージプラス」の特典交換条件を、11月15日より変更した。

従来規定していた、特典航空券の交換に必要なマイル数を一律に設定せず、需要などの様々な要因によってフライトごとに必要マイル数を設定する。これにより、交換に必要なマイル数はこれまでより低くなる場合も、高くなる場合もある。アワードカレンダーでは、月ごとに特定の行き先への必要マイル数を一覧で表示させることができる。また、出発日の21日前以降の航空券で徴収していた、最大75米ドルの直前発券手数料は廃止される。

需要に応じた特典航空券の交換に必要なマイル数の変動制は、アメリカではデルタ航空がすでに導入している。日本でも、日本航空(JAL)が予測残席に応じて変動する「JAL国際線特典航空券PLUS」を、従来の特典航空券とは別に設定している。

全日本空輸(ANA)の日本国内線の航空券には、距離に応じて片道5,000マイルもしくは8,000マイルで交換できる。今回の変更により、搭乗日から1ヶ月を切った予約では、必要マイル数がそれぞれ3,500マイル増えた。

ユナイテッド航空は8月に、マイルの有効期限を撤廃している。従来は最終利用日から18ヶ月間利用がない場合、マイルが失効していた。