次元が違う!U-22練習試合で魅せた久保建英のスルーパスがエグい!

©株式会社愛幸

東京五輪の代表メンバーを選出する上で、非常に注目が集まっているU-22日本代表。11/17にコロンビア代表との試合を控えているため、サンフレッチェ広島と練習試合を行いました。その中で一際輝いていたのが「久保建英」選手です。今回は中でも試合中魅せたスルーパスに焦点を当てて解説します。

サッカーU-22日本代表がサンフレッチェ広島と練習試合

サッカーU-22日本代表は今月14日、コロンビア代表との親善試合準備としてサンフレッチェ広島と練習試合を行いました。

採算チャンスを作ったものの、上田綺世や前田大然らFW陣が決定機を活かせず無得点。また、後半13分にコーナーキックから失点をするなど、課題が浮き彫りになる一戦となりました。

やはり魅せた久保建英!世界レベルのスルーパスを披露

敗戦となったサンフレッチェ広島との練習試合で、流れを変えたのは「久保建英選手」でした。

後半から投入された久保は、何度も首を振りながら視野を広く保ちます。そして試合中最大の決定機を演出!ボールを受けるとワンタッチでパスを出せる位置にコントロールし、上田選手がシュートを打ちやすい場所へスルーパスを出しました。

この落ち着き、視野の広さ、コントロールはやはり世界レベル。東京五輪代表はもはや決定的…といっても過言ではないのかもしれません。