サッカー、ベネズエラ戦へ練習

日本代表、軽めに体動かす

©一般社団法人共同通信社

ベネズエラとの国際親善試合に向け調整する日本イレブン=大阪府内

 サッカー日本代表は16日、敵地ビシケクで14日に行われたワールドカップ(W杯)アジア2次予選のキルギス戦を終えて帰国し、19日のベネズエラとの国際親善試合(パナソニックスタジアム吹田)に向けて大阪府内で練習を開始した。

 2―0で勝ったキルギス戦からメンバーが入れ替えられ、森保監督就任後は初招集となった井手口(G大阪)らがランニングやボール回しなどで約1時間、軽めに体を動かした。キルギス戦に出場した柴崎(デポルティボ)原口(ハノーバー)らはコンディションを考慮されて宿舎で調整した。