【プレミア12】韓国のチャレンジ成功から流れが急変…侍ジャパン山岡が2失点で1点差に

©株式会社Creative2

試合途中から遊撃の守備に就いている侍ジャパンの西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】

セーフに判定が変わり、そこから連続安打で山岡は降板

■日本 – 韓国(プレミア12・16日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、東京ドームで「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)の韓国戦に臨んだ。6回には3アウト目のプレーの判定に対して、韓国がチャレンジを申告。判定が覆り、日本はその後、2点を失った。

 6回2死一塁の場面。山岡と対峙したホ・ギョンミンが遊ゴロを打ち、一走イ・ジョンフンが二塁へ滑り込んだ。源田が二塁に送球して3アウトと判定されたが、すぐさまキム・ギョンムン監督がチャレンジを申告。リプレー検証で判定が覆り、2死一、二塁から続くカン・ベクホがフルカウントから中前適時打を放って2人が生還した。

 さらにファン・ジェギュンが左前打と連続安打で、6回から登板していた山岡が降板。1点差に詰め寄られたものの、ここで登板した嘉弥真が踏ん張り、リードを守った。(臼井杏奈 / Anna Usui)