<豚コレラ>深谷の養豚場、防疫措置を完了 飼育の豚、全頭を殺処分 移動制限は12月15日に解除の予定

©株式会社埼玉新聞社

埼玉県庁=埼玉県さいたま市浦和区高砂

 9日に埼玉県内5例目の豚コレラ(CSF)が発生した深谷市の養豚場について、県は16日、防疫措置を午前11時に完了したと発表した。既に飼育されていた2153頭全頭の殺処分は11日に終えていた。

 畜産安全課によると、豚の死骸などを入れたフレコンバッグ819個を埋却し、消毒などを終了した。発生農場からの拠出制限は12月4日午前0時まで、同農場から半径3キロ圏内の移動制限は15日午前0時に解除される予定。