相葉雅紀MCの「FNS歌謡祭」、第1夜出演アーティスト33組が決定!

©株式会社東京ニュース通信社

相葉雅紀が司会を務める12月4日、11日放送のフジテレビ系「2019FNS歌謡祭」の第1夜(午後6:30)に出演する33組のアーティストが決定した。

今年もグランドプリンス新高輪・飛天に、日本を代表するトップ・アーティストたちが集結。冬の名曲メドレーでは、広瀬香美の楽曲を筆頭に「FNS歌謡祭」ならではのコラボレーションが実現する。また映画「アナと雪の女王2」のエンドソングを中元みずきが、「アナと雪の女王」の名曲をMay J.と生田絵梨花が歌い上げる。さらに人気アニメーション「リトル・マーメイド」の名曲「アンダー・ザ・シー」を劇団四季の豪華演出で届ける。

さらに、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン冬のイベント「ユニバーサル・クリスタル・クリスマス」プロジェクションマッピングのライブショーとAIがコラボレーション。クリスマスツリーの下、華やかにクリスマスを彩るスペシャルステージを披露する。

第1夜の出演アーティストには、AI、蒼井翔太、Aqours、嵐、生田絵梨花、AKB48、EXILE、大原櫻子、関ジャニ∞、KinKi Kids、久保田利伸、劇団四季、CHEMISTRY、ゴスペラーズ、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、椎名林檎、ジェジュン、JUJU、中元みずき、NEWS、乃木坂46、秦基博、平井堅、広瀬香美、Hey! Say! JUMP、槇原敬之、三浦大知、三浦春馬、水樹奈々、宮野真守、May J.、森高千里、Little Glee Monsterらが決まっている。