尚志接戦制す聖光学院1点守る 全国高校サッカー県大会準決勝

©株式会社福島民報社

【聖光学院―福島工】サイドからのドリブル突破が光った聖光学院のMF半沢(8)

 第98回全国高校サッカー選手権大会県大会の準決勝は16日、郡山市の西部サッカー場で2試合を行い、尚志、聖光学院が決勝に進んだ。決勝は17日午後零時10分から、同会場で行われる。

 第1試合は尚志がFW山内大空が前半9分、後半27分に得点を奪い、帝京安積の反撃を1点に抑え競り勝った。第2試合は聖光学院が前半13分にMF半沢愛斗が決めたゴールを守り切り、福島工を下した。

 県サッカー協会、県高体連などの主催。優勝校は12月30日に東京都の駒沢陸上競技場で開幕する全国大会に出場する。

【尚志―帝京安積】前半9分、尚志のFW山内(10)が先制ゴールを決める