山の神・柏原竜二さんコース攻略法 いわきサンシャインマラソン

©福島民友新聞株式会社

市民ランナーにマラソンのこつを伝授した柏原さん(左)=16日、いわきFCフィールド

 いわきサンシャインマラソン実行委は16日、いわき市のいわきFCフィールドで、来年2月23日に開かれる第11回いわきサンシャインマラソンの100日前イベント「ランニングクリニック」を行った。ゲストランナーとして大会に参加する同市出身の柏原竜二さんが市民ランナーに練習法やコースの攻略法を伝えた。

 サッカーのいわきFCを運営するいわきスポーツクラブと、スポーツによる人・まちづくり推進協議会の共催。大会にエントリーしている約30人が参加した。

 東洋大在学中に箱根駅伝で活躍し「山の神」と呼ばれた柏原さんは「4歩先を見るイメージで顎を上げずに走る」といった大会コースに多い坂道での走り方を実演を交えながら伝授した。また、参加者とジョギングやストレッチを行い、体を温めて筋肉をほぐす重要性を伝えた。

 16日は同フィールドでカウントダウンボードの掲示セレモニーも行い、実行委員会長の清水敏男市長らがボードに「100」を示すパネルをはめ込み、柏原さんがメッセージを書き入れた。ボードは大会を盛り上げるため市役所本庁舎前に設置する。