プロアマ戦の優勝賞品の行方に感動【きょうの“パンチショット”】

©グローバルゴルフメディアグループ株式会社

福田真未が大型テレビゲット! その行き先は…(撮影:鈴木祥)

トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が多い現場記者。そのなかで『あの時、何を考えていたの?』、『今ハマっているものは?』、『プロの悩みって?』…のような選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)話をお届け!【伊藤園レディス】

ゴルフトーナメントの前に行われる大会のスポンサーがゲストを招き、プロと一緒にラウンドするプロアマ戦(大会によってはアマプロとも呼ぶ)。大会によっても違うが多くのプロアマ戦では通常のコンペ同様に順位が決められ、それによった景品が渡される。

今大会のアマプロ戦で優勝して、42型4Kの大型テレビをゲットしたのは福田真未。「何故かアマプロはよく勝っちゃうんですよね。同伴競技者に恵まれすぎです。テレビをもらえてすごくうれしいです」と笑みがこぼれる。でも、すでにテレビはお持ちだそうで……。じゃあこのテレビはどこに行くの?

「佐賀県の武雄市に祖母が住んでいるのですが、今年の7月に来た台風で床下浸水しまって……。全てのものを買い換えているところなのですが、実はテレビはまだ買う前でした。なので、このテレビは祖母にあげようと思います」

今大会の初日にはチャリティオークションが行われるなど、千葉県を中心に甚大な被害をもたらした台風19号。その前に九州を襲った台風17号も同地域で観測史上の強さを記録するなど大きな被害を生んだ。そんな台風17号に福田の祖母も被災していたのだ。

「先週福岡に帰ったときに佐賀の練習場にもいったのですが、その練習場のメンバーさんから“友達がおばあちゃんのお家にお手伝いにいったみたいだよ”と伺って。人の温かみを改めて感じました」

“私も何かしないと”。そういう思いにかられているそう。「オフに何か貢献できるようなことができたらと考えています。周りの九州出身の選手たちにも声をかけたいですね」とチャリティ活動に積極的な姿勢を見せた。