文化財を訪ねて

©株式会社VOTE FOR

今回ご紹介する文化財は、
国指定重要文化財(建造物)廣徳寺大御堂(こうとくじおおみどう)

大御堂とは、浄土信仰の盛んな平安末期から鎌倉期にかけての阿弥陀堂のことで、廣徳寺の大御堂は13世紀のはじめ、尼将軍と呼ばれた北条政子が美尾屋十郎廣徳(みおのやじゅうろうひろのり)(源頼朝の家臣)の菩堤を弔うため、建立したものと伝えられています。
現存の建物は、室町時代の後期ごろに再興されたものといわれています。
方三間の寄棟造、茅葺で関東地方らしい風格を帯びた堂姿を示す数少ない禅宗様仏堂です。